ライブチャットの歴史

ライブチャットの歴史

ライブチャットは、携帯電話が発売されていた頃から徐々に増えはじめました。主な機能としては、メールと音声通話という内容でした。

 

携帯電話でもTV電話機能が使える機種が登場したことによって、ライブチャットもTV電話対応となり、女性側の画面を見ながら楽しんだり(片方向通話)、女性側、男性側の双方がTV電話機能を通じてお互いの姿を見ながらコミュニケーションをとったり(双方向通話)できるようになりました。

 

携帯電話の機能が充実する一方で、スマートフォンも登場するようになり、スマートフォンの爆発的な利用者数の増加に伴い、ライブチャット各社もスマートフォン対応が急がれました。

 

スマートフォンでは、Android端末とiPhone端末がありますが、ライブチャット各社もAndroid端末かiPhone端末のどちらか一方のみ対応するケースがあったり、資金力があるライブチャットでは、Android端末かiPhone端末の両方を対応することもできました。

 

スマートフォン対応が素早くできたライブチャットは大きく売り上げも伸ばすことができた一方で、スマートフォン対応ができないライブチャットは、利用者数の減少を余儀なくされています。

 

スマートフォンライブチャットでは、これまでない画質や映像、音声通話、TV電話通話の品質が格段に向上しました。また画面のタッチ操作が可能となったのでユーザビリティも向上しとても利用しやすくなっています。